パイロット ドクターグリップ これは、適度な硬さのグリップで、長時間筆記しても疲れにくく、書き味も滑らかです。これは、力をかけて筆記する人におすすめです。税込み540~864円 三菱鉛筆 アルファゲルシャカシャカ機能搭載モデル ドクターグリップとは、対照的にグリップがプニプニ柔らかく、長時間筆記しても疲れにくく、書き味は、滑らかです。あまり力をかけずに筆記する人におすすめします。 これは、フリシャだけでなく、芯ロック機能を、搭載しているので、携帯時に勝手に芯が出ることを、防げます。税込み648円 写真左 ドクターグリップ 写真中 アルファゲルシャカシャカ機能搭載モデル  上 グリップやや硬め実用モデル 下 グリップ柔らかめ癒し系モデル 私は、主に写真右のアルファゲルシャカシャカ機能搭載モデルグリップやや硬めを、よく使います。 ぺんてる グラフギア500 写真右 これは、グリップと口金が一体化しており、低重心で重さも丁度良い製図用シャーペンです。 書き味は、滑らかで、金属を多用しており、ボディが鉛筆と似た加工がされているので手にフィットし、書き味も滑らかです。 税込み540円 http://www.pentel.co.jp/products/automaticpencils/graphgear500/ このシャーペンは、無印良品に「低重心シャーペン」としてODMされています。 プラチナ万年筆 プロユース500 これは、細軸かつ重さのバランスがよく低重心な製図用シャーペンでグリップにゴムを採用しています。 書き味は、滑らかで軽く、ゴムグリップにより長時間筆記しても疲れにくく、持ちやすいです。 またグリップがぷにぷにしません。またグリップが黒なので汚れも目立ちにくいです。 税込み540円 http://www.platinum-pen.co.jp/draft_03.html パイロット クラッチポイント こちらは、デザインのバリエーションも多く、残芯が1mmと少なく、この手のシャーペンに多い書き味がカリカリしているなどのデメリットをよく抑えています。ラバーグリップ搭載モデルと付いていないノーマルモデルがありますが、グリップ付きをおすすめします。 また先端チャック式なので芯も保護され、折れにくいです。 税込み1620円 http://www.pilot.co.jp/products/pen/sharp_pen/sharp_pen/clutch/  パイロット S10 これは、ローレッドグリップがとても細かいグリップを、搭載し、見た目は、滑りそうなグリップですが滑りにくく、重さも程よく重く、手に良くフィットし、製図用シャーペンにしては珍しく書き味は、とても滑らかです。 税込み1080円 http://www.pilot.co.jp/products/pen/sharp_pen/sharp_pen/s10/ ファーバーカステル エグゼクティブ0.5(海外では、0.7もあります。) 写真下 これは、ファーバーカステルデザインシリーズに分類される一般筆記用シャーペンです。 重さ、書き味の滑らかさが鉛筆に似ているシャーペンで、芯クッション機能、リトラクタブル収納機能などが搭載されており、芯が折れにくく、書き味が滑らかです。(オレンズを、想像してもらうと良いと思います。しかしこちらは、芯が詰まりにくいです。) またこれは、繰り出し式消しゴムも搭載しており、細かいところまで綺麗に消しやすいです。また替えの消しゴムには、純正の他にトンボ鉛筆製の替え消しゴムも使えます。  ファーバーカステルは、ドイツのメーカーですが、このシャーペンは、日本製(プラチナ万年筆製)です。 税込み1080円

Loading
【画像1】[シャープペンシル]パイロット ドクターグ... - LINE Q