|
ピッタリ
2017.05.31 08:33 | 2017.05.31 10:51編集済み
1

古来中国の鬼の故事からきています。 古来中国の帝の子供が7月7日に亡くなり、その後に一本足の鬼となって熱病を流行らせ、これに困った人々は子供の好物だった「索餅」を供えて祟りを鎮めました。 それ以来、中国では七夕に「索餅」を食べる風習が生まれました。 これが平安時代に日本へ伝わりました。 日本では中国と同じ材料で作ったものを、「むぎなわ」読んで食べていましたが、それは「索麺(さくめん)」とも呼ばれ、時代を経て「そうめん」に変化しました。

1/3 前の回答