|
2017.05.18 15:33
2

質問とは 関係ない事を言わせてもらうと 言葉で言っている事がすべて 本心でない事はわかっていますよね 質問したとして 答えたからって それが本心なんてわけない 心が読めるからって たとえば ご飯を食べに言って お前はこれ食べるんだね 注文していいって言ったら その瞬間 相手は 違うものを選ぶと言い出すかもしれない 心が読めたからって それを言ったら 変わるんです よく人が思った事を言い当てると 人は素直にそれを 肯定はしなくなるんです そして 心を閉ざすようになる 離れて行きます だから 心を読んではいけない時もあるんです そよりもなによりも 会話を楽しむのが 人間関係の基本 相手の思考がわかっても また 思考回路がわかっていても それを 先回りしてはいけないのです。 言い当ててはいけないんです 話の途中で 言うセリフがでてこないときに あれなんだっけって 先に答えてあげるのは会話が途切れなくていいでしょう。 人の心が読めない人でも こうしたケースを言えば 頭なの中で考えたらわかりますよね? 人の心が読めて 思い通りにしたければ 操作は出来ます 誘導をすればいいだけです。 でも 人の心を操って楽しいですか? 楽しくないですよね。 後輩が どう考えてどう動けばいいかは 導きますが それはいい意味での誘導 でも 思い通りにしてしまったら それは洗脳に近い事になります。 また 人の心が読めても その一瞬先は わかりません 常に本心を言うわけじゃない事は みなさんが一番知っているはずです。 ですから すべてに予期する事なんて出来ないし 思い通りにはならないし してはいけないのが現実。 知らなくていい事はあるけど 目をつむるしかない。 しかも 人はうまく やんわり嘘を加えて 会話を楽しんでいるのですから 嘘を見抜いてもいけない時はある 人をだましてはいけないし 人を裏切るような嘘は罪になるけど 人間関係を維持し円滑にするためには ちょっとした嘘はあっていいもの 嘘のない世界に人は生きてはいけないのですから。 罪にならない 人を幸せにする嘘は肯定される それは もう嘘ではなくなるのですから

15/15 次の回答