|
ピッタリ

以前少し彼女に悪口を言ったのは、本当に本当にただの腹立ちまぎれの言葉だったんだ。彼女ほどの人は他にはいないよ。お腹が空いたときご飯が食べたい?って聞いてきて自分のお椀のご飯を僕に分けてくれたりしたのに。気候が寒いと寒い?って聞いてきて上着を貸してくれたりした時もあったのに。彼女は本当に自分にとって大事であらさがしなどできないし、こんなにも僕を楽しませていて、ずっと僕の中では一番なのに! … 以前は思うはずがなかったけど、本当に悪いと思っている。何度も謝りたいと思っている。その時の自分の無知が決めたことやしてしまったことを挽回できないとも思っている。そして次から次へといろんなことが起こり、自分のしたことに対して本当に自分が恨めしい。ちゃんと治してみせるから、仲よくしよう!大人の男性として成長するから、僕らの間のこともちゃんと計画しよう。ただの男の子としてではなく、やはりあなたが必要で、あなたを一人にはさせない。本当にごめんなさい!今でもあなたを愛しているよ。

1/1 前の回答 次の回答