いつかこの恋を思い出したらきっと泣いてしまうってどんな話ですか?

profile
匿名
5日前
Completed

いつかこの恋を思い出したらきっと泣いてしまうってどんな話ですか?

ドラマ有村架純西島隆弘

回答 4
Lv.1
0

まずはじめに この物語のテーマは「人生はつらい・・でも恋をしている時には忘れられる」です。 田舎から夢を抱いて東京に上京してきた若者たちのリアルな生活を描きながら、その恋愛を紡いでいきます。 若者たちはそれぞれが夢を持って、大都会で必死に生きていきます。 その必死に生きていく中で、抱いていた夢をいったんは諦めそうになりながらも、若者らしさを出して必死に生きていくのです・・・ 有村架純さんが演じるのは、音(おと)です。 いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうx 「音(有村架純)」 けなげではありますが、明るく一生懸命に生きている女性です。 音は、女手ひとつで彼女を必死に育ててくれていた母親を幼い頃になくしてしまいました。 その後、養父母に引き取られて、北海道の田舎町で育てられたのです。 一方の高良健吾さんが演じるのは、練(れん)です。 高良健吾s 「練(高良健吾)」 練も、音同様、両親を幼い頃に失いました。 そして、祖父に引き取られて、音と同じく大自然の中で育ちました。 練の祖父は自分の農地をだまし取られてしまいます。 練は、祖父の農地を取り返すために、東京に上京して、お金を稼ごうとします。 お金を稼いで、農地を取り返し、祖父と一緒に穏やかに暮らす日々を夢見ながら・・・ そんな生い立ちの音と練は、ある日、北海道で劇的な出会いをして、一緒に2人で東京へと向かうのです・・・ ・・・ 以上が、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の概要となります。

Lv.1
0

杉原音(有村架純)は、幼い頃、女手ひとつで彼女を育ててくれた母を亡くしてしまいます・・ 小さい頃から早速、試練を迎えた音。 その後、林田雅彦(柄本明)と知恵(大谷直子)夫妻が、音を育ててくれたのです(*゚▽゚*) 音は林田夫妻のもと、北海道の町で生活を共にすることになりました。 この生活は、音にとっては大変な状況だったのです・・ 「音(有村架純)」 雅彦は、音をかわいがるどころか、家政婦扱いをしていました( ・᷄ὢ・᷅ ) また、雅彦の妻である知恵は寝たきりの状態で、音が知恵の介護をする必要があったのです・・ このような厳しい環境の中、音は2人から自然と「あきらめること」を教え込まれていたのです(゚д゚lll) しかし、そんな苦境においても、音は健気に一生懸命生きていました。 ・・・ 一方、曽田練(高良健吾)は、福島で育ちました。 農業を営む練の祖父、健二(田中泯)と共に過ごしていました。 練は、純粋な性格で人を疑うことを全く知らない青年だったのです(*゚▽゚*) そんな練は、単身、東京に上京して、運送会社で引越しの仕事をしていました。 東京に出てきた理由は、祖父の健二が営んでいた畑が騙し取られたため、これを買い戻すために、上京してきたのです・・・ 音同様、練も大変な状況でした。 練は、毎日、運送会社でこき使われていて、しかも安月給で古いアパートで暮らす生活を送っていました( ・᷄ὢ・᷅ ) そんな練には、恋人がいました。 その恋人の名は、日向木穂子(高畑充希)。 木穂子は、練のアパートで寝泊りしていました。 練は純粋な性格で人を疑うことを知らないため、東京では、よく人にだまされがちで、借金を作っていました。 そんな練に木穂子はお金の工面もしてくれていたのです。 練は、木穂子にそのような事をさせていることに悩みながらも、結局、彼女の支援を断ることができない状況でした。。 そんなある日、練は、友人の中條晴太(坂口健太郎)が旅行先で拾ったカバンを見ていました。 すると、そのカバンの中からある手紙を見つけます。 この手紙を読んだ練は、純粋でやさしい性格のため、この手紙は持ち主に返す必要がある!と感じて、なんと会社のトラックでその手紙の持ち主の元へ手紙を届けに行ったのです(゚д゚lll) この手紙の持ち主は北海道にいる「音」でした。。 練は、音を訪ねていろんな場所を訪れ、あるクリーニング店にたどり着きました。 そこには音が働いていたのです! 練が音を訪ねてきた時は、音は警戒して自分の身分を明かしませんでした。 そして、最終的には音は練に自分が音であることを言います。 練は音の手紙を返そうとしました。 その手紙は、なんと音の母親からの手紙だったのです(*゚▽゚*) しかし、音は練に「捨てといて」と言ってその場を立ち去ったのです。。 ・・・ 音は地元の名士である白井篤史(安田顕)との結婚を決めさせられようとしていました。 雅彦が勝手に結婚を決めたのです・・ そんな中、音は練と再度、会います。 練が東京から乗ってきたトラックの近くにいると、音がやってきたのです。 音は、練と散歩をしながら、地元のいろんな所に行っていろいろと話をしました。 ・・・ ある日、音はクリーニングの服を長期間取りに来ていなかった伊藤という客の家に行きました。 音は伊藤の服を持っていったのです。 音が、伊藤の家に行った時、伊藤はいたのですが、物が散乱していて、なんと「退去願い」の紙があったのです。。 音がそこから立ち去った時、婚約相手の白井が車で音を迎えに来ていました。 車で白井は音をある場所に案内します。 その場所には純白のウェディングドレスが!!(*゚▽゚*) 白井は、結婚式のウエディングドレスを音に見せたかったのです。 そんな中、音は、白井に思い切ったお願いをしました。 「伊藤さんが支払わなきゃいけない家賃3万円を貸してください」と・・・ 白井は「そんなことになるんなら子供なんきゃ作らなきゃよかったんだ。そんな人間を甘やかしちゃいけない」と冷たく答えたのです。。 その後、家に帰った音は雅彦に思い切ったことを伝えます。 「わたしは好きじゃない人と結婚はできないの。お父さんとお母さんにはほんとうに感謝している。いつか結婚するから、もう少し3人でここで暮らさせてほしいの」と。。 雅彦は「この恩知らずが!」と捨て台詞を吐いたのです。。 雅彦は早く音に結婚してほしいと思っていました。 その理由は、自分自身のこれからが不安で、身の拠り所がほしかったのです。 そんな中、雅彦の妻である知恵が倒れてしまったため、雅彦と音は知恵を病院に連れて行きました。 雅彦は音に「出て行け!」と冷たくあしらいます( ・᷄ὢ・᷅ ) ・・・ 音は、その後、練と一緒にファミレスに行きました・・ このファミレスで音と練はいろんな会話をしました。 その話の中で、音は練の彼女のことについていろいろと聞きます。 そして音は昔、自分がつきあっていた彼氏のことについても話しました。 その後、音は練に「わたし、白井さんと結婚するって決めたの。あの手紙を返そうとしてくれてありがとう。あの手紙ってわたしのつっかえ棒だったの。。」と言いました。 音はようやく吹っ切れたんですね(*゚▽゚*) ・・・ その後、音と練はファミレスを出ました。 そして、音は「なんで手紙をわざわざ東京から持ってきてくれたん?」と聞きます。 練は「俺も同じく親がいないから・・」と言いました。 その後、音が家に帰るとなんと白井がいたのです。 白井は雅彦や知恵を病院から車で連れてきてくれたのですが、なんと白井は音に対して「君の両親に言っといたよ。あんたの所の娘さん、またのしつけもしっかりしといた方がよかったんじゃないかって・・・」と捨て台詞を吐いて立ち去ったのです。。 そうです。 白井は、音が練と会っていたことに対して皮肉を言ったのです。 知恵は音に「もうここから出て行きなさい。あなたの行きたいところに行きなさい!」と言いました。 そして音はそのままその家を出て、練のトラックまで走っていったのです! 練はそんな音をトラックに入れて、トラックを走らせたのです・・・ トラックの中で音は母親からの手紙を読みました。 「音。お母さんはそろそろいなくなります。まだ何もできていないし、まだしねない。あなたを残していってしまう。。 あなたを父親のいる子にしてあげられなくてごめんなさい。でもお母さんはあなたを産んでほんとうによかった。 わたしは思った。あなたには人生を切り開く強い力があると。。。 時に人生は厳しいけど、恋をしているときは忘れられる。。 最後に1人の人に出会うといいね。 その人はあなたが生まれてくれたことをきっと喜んでくれる。 大好きなわたしの娘。音。どうか幸せに。母より」 そして、このまま2人は雪が降る中、トラックで東京まで走り続けたのです。 東京についた音は、東京で働いている友人の居酒屋に行くことにします。 働き口を早速、探すためです。 練は音を待っていたのですが、練の知り合いの小夏がやってきて、練は小夏(森川葵)とそのままどこかに行ってしまいます。 音がその後、元の場所に戻ったのですが、練はいなかったのです。。 その後、1年が経ちましたが、音は練と会うことはありませんでした。 音は働きながら一生懸命生きていたのです。 ・・・ 以上が第1話のあらすじとなります。

profile
匿名
4日前

大愛和>>>>大福まるさん 結末ってわかりますか?

Lv.2
0
4日前

最終的に高良健吾と有村架純が結ばれます

Lv.1
0

まず前回、練と井吹朝陽(西島)のどちらを選ぶのか注目視されていた中、ひったくりに遭い戸惑っていた明日香(芳根京子)に救いの手を差し伸べたところ、騒動に巻き込まれた音。階段から落ち、集中治療室に運ばれるという衝撃の場面で終わりました。 音が病院に運ばれたと聞いて駆けつける練、朝陽、木穂子(高畑)ら。目を覚ました音に会わずに練はその場を去る。一方、音が意識を失っていた間に音が支えにしてきた母親(満島ひかり)の手紙を読んだ朝陽は、退院早々、音に自ら別れを切り出す。「僕はもう君のこと好きじゃない。恋愛って決めることじゃない、いつのまにか始まってるものでしょ?」と音のために突き放し、2人は涙の別れを迎えました。 数カ月後、音の働く介護施設を訪ねた練は、音の育ての親である叔父(柄本明)が亡くなり、一人になった叔母(大谷直子)と再び暮らすため音が北海道に戻ることを知る。母親に向けて練への思いをつづった手紙を破り、思い出の白桃の桃缶を開け、思いを絶とうとしていた音。練が駆けつけた頃には既に音のアパートはもぬけの殻となり、電話をすると、北海道に着いてしまっていた。素っ気ない音に対し、「俺、まだ返事貰ってません」と練は2人が最初に出会った時に訪れた思い出のファミレスでの再会を約束します。 ラストシーンは1話と同じ、北海道のファミレスにて。最初はまるで昔と同じように投げやりな音だったが、2人で分けあって食べたハンバーグをきっかけに2人には温かい時間が流れ始め、音は本音を告白。叔母が心配なこと、朝陽への申し訳無さなどから東京には帰れないことを苦しそうに伝え、「引越し屋さん、好きやで。好きなんやで、それはほんまに」と口にする。 練は「振り出しに戻っただけ」と言う音にそうではないと訴え、まっすぐとした瞳で何度も北海道を訪れることを約束。「約束があってちょっとの運があればきっと会える」という言葉に音は涙を流し、最後は練のトラックに乗り込む2人。車の中でキスを交わし、道順を指定した音に「近道?」と練が尋ねると音が「ううん、遠回り!」と笑顔を見せ夜のドライブへと出かける場面で幕を閉じました!