「この世界の片隅に」って、簡単に言うとどんな話ですか?

profile
匿名
2017.02.16 07:24

「この世界の片隅に」って、簡単に言うとどんな話ですか?

マンガ小説映画

回答 3
profile
0
匿名1
2017.02.16 07:25

戦争時代の話です。

profile
1
匿名2
2017.02.16 07:25

1944年(昭和19年)2月、絵を描くことが得意な少女浦野すずは、広島市江波から呉の北條周作のもとに嫁ぐ。戦況の悪化で配給物資が次第に不足していく中、すずは小姑の黒村径子の小言に耐えつつ、ささやかな暮らしを不器用ながらも懸命に守っていく。しかし軍港の街である呉は1945年(昭和20年)3月19日を境に頻繁に空襲を受けるようになる。同年6月22日の空襲で、通常爆弾に混ぜて投下されていた時限爆弾(地雷弾[3])の爆発により、すずは姪の黒村晴美の命と、自らの右手を失う。意識が戻ったすずは径子に責められる。同年7月1日の空襲では呉市街地が焼け野原となり、郊外にある北條家にも焼夷弾が落下した。見舞いにきた妹のすみは、江波のお祭りの日に実家に帰ってくるように誘う。その当日である8月6日の朝、径子はすずと和解し、すずは北條家に残ることを決意する。その直後に広島市への原子爆弾投下により、爆心地から約20キロメートル離れた北條家でも閃光と衝撃波が響き、広島方面からあがる巨大な雲を目撃する。8月15日、ラジオで終戦の詔勅を聞いたすずは家を飛び出し泣き崩れる。翌年1月、すずはようやく広島市内に入り、草津にある祖母の家に身を寄せていたすみと再会。両親は既に亡くなっており、すみには原爆症の症状が出ていた。廃墟となった市内で、すずはこの世界の片隅で自分を見つけてくれた周作に感謝しながら、戦災孤児の少女を連れて呉の北條家に戻った

Lv.3
1
2017.02.16 11:50

戦争中に18歳で軍港の呉にお嫁入りしたすずさんが、見知らぬ環境と新しい家族、そして物不足の中懸命に生きようとするが、徐々に昭和20年8月が迫ってくる。という話。原作も映画もディテールに核心があるのであらすじを見てもほとんど意味はありません。