|
2017.01.16 01:29
0

インフルエンザウイルスに感染した場合、約1~3日の潜伏期間の後、インフルエンザを発症。 発症後、約1~3日程度の期間で、突然の高熱や、全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」になります。 咳や喉の痛み、鼻水などの「呼吸器症状」が現れ、なかには腰痛や吐き気、下痢などの「消化器症状」が現れることもあります。 最終的に、10日前後で症状が落ち着き治癒するのが一般的なインフルエンザの症状の経過の流れです。 可能性としては、ありますが、かなりしんどいのと、下手したら大病に繋がります

1/1 前の回答 次の回答