今日学校ではだしのゲンを見ました。自分はFPSをしているせいかたいして悲しいとも...

2017.01.13 21:45

今日学校ではだしのゲンを見ました。自分はFPSをしているせいかたいして悲しいとも思わなくて自分でもかなりやばいと思いました…こんな自分は末期ですか?

ファーストパーソン・シューティングゲーム学校戦争

回答 3
profile
0
匿名1
2017.01.13 21:49

FPSとは無関係です。気にしなくて良いですよ。

匿名1さん なんか死んでるとことか見ても空襲とか見てもなんとも思わないんですよ…頭おかしくないですか?

profile
0
匿名2
2017.01.13 22:41 |2017.01.13 22:45編集済み

そりゃFPSで人が死ぬ事に対して何も感じない人はそーでしょうな。 逆にはだしのゲンを先に読んで(戦争ってこんなもんか)程度にしか感じない人はFPSをやっても何にも感じないでしょう。 はだしのゲンは、確かに悲惨な境遇を描いた作品です… 文科省が配ってるんじゃねーか?って疑うくらいにはいろんな学校にあります。 が、ただ、偶然にもあなたの感受性に戦争の悲惨さを訴えかける「何か」が足りなかったんでしょう。 こればっかりは個人差がありますからしゃーないです。 というか戦前戦中の道徳観や価値観を予め知ってないと理解できない話もあります。 それに、もっと残酷なストーリーの小説や映画は沢山あるぜ。 大岡昇平の「野火」 なんかフィリピンのジャングルを敗走する粗筋だけどカニバリズムが出てきたもん。(作者の実体験に基づいた小説)中学の図書館でよんだけど流石にショックだったよ。

匿名2さん 野火って本機会があれば読んでみます…

profile
0
匿名2
2017.01.14 13:47 |2017.01.14 13:54編集済み

りんごちゃんさんファンさん フィリピンのジャングルを食糧もなく口に入れられるものなら何でも食べる状況で、偶然にも合流した味方の兵士が「猿の肉だ。喰え」と言うわけです。 が、FPSやってる方なら想像しやすいと思いますが、猿って結構小さく(例えばニホンザルやカニクイザルで大体60cm)すばしっこい上に樹上にいるんで狙いにくいんです。それにそもそも人の気配に敏感であまり野生では見つかるものではありません。 …… アカン… アカン奴や… と思ってしまったんですが、アフターストーリー的な「俘虜記」という作品の粗筋を覚えているので、「野火」の主人公が狂気を帯びていくシーンはトラウマとして記憶を封印された… のかなぁ あくまでも私の場合は、司書に抗議したくなるくらいには怖かったです。