|
ピッタリ
profile
匿名1
2017.01.13 21:24
0

(3) 直線の方程式をy=ax+bとおくと、 (2,8)を通るので8=2a+b (-3,18)を通るので18=-3a+b 2式を連立方程式などで解くとa=-2,b=12となる。 よって方程式はy=-2x+12 (4) CDを底辺としてみる。 そこでABCをBCDとACDの2つの三角形に分解して計算をする。 BCD=6×3÷2=9 ACD=6×2÷2=6 よってABC=9+6=15

1/1 前の回答 次の回答