中3です。政治、経済の勉強がしたいです。知っておかないとまずい気がするんです。現...

profile
Unknown
2017.01.12 23:13
Completed

中3です。政治、経済の勉強がしたいです。知っておかないとまずい気がするんです。現在は大人常識的なことでも曖昧なくらいです。本でもかまわないです。なにか方法はないでしょうか。

経済勉強法雑学

回答 4
profile
1
Unknown
2017.01.12 23:15

図書館に行ったり、ネットで調べたり、ニュースを見たり。 主なニュースはヤフーニュースに入るのでそれを読みましょう

Lv.4
1
2017.01.13 00:56

中3でそういう考えができるのは立派だと思います。もちろんニュースや新聞で時事について気にかけておくのはいいことですが、基本がなってないと、世間話をするおばさんと同じレベルになってしまいますよね。少し変と感じるかもしれませんが、私が一番進めるのは高校の政治経済の科目の教科書です。三権分立とは何か。憲法と法律の違い。衆議院と参議院の違い、など大人になって知らないと恥ずかしいレベルの知識がまとめられています。経済のこともGDPから1つ1つ基本が書いてあります。 もちろん、高校生になれば学ぶことです。普通の大人はみんな学んできているはずなので知らないと恥ずかしいはずなんですが、もう忘れている大人が多数います。ここの知識がないと時事ニュースの政治経済をいくら熱弁しても、ニュースで見た知識の受け売りにしか聞こえません。 あとは意外と見落としがちなのは日本史と世界史ですね。特に近代に近くなればなるほど、今の日本や世界の情勢に繋がった出来事を学ぶので、背景としての知識がつきます。 これら日本史、世界史、政治経済の科目は高校で習うので、興味があるなら今のうちに先取りしておけば高校のテストなどで余裕が出るかもしれませんね。

profile
Unknown
2017.01.13 01:13

Gengarさん なるほど、教科書って考えはなかったですね。ありがとうございます。 もしよければお答えいただきたいのですが、僕が興味を持つのは、身近なものだと「憲法9条賛成か反対か」「TPPに参加することに賛成か反対か」などに意見を持ちたいと思います。中学校の先生は日本の教科書は偏っているところがあると言っていました。そこはどうなのでしょうか。TVなどのメディアの情報も鵜呑みにはできませんし、インターネットもデマはたくさんありますし…。個人的に本はまだましなのかな?と思っていますが、そういうことについて論じている本を読むことはどうでしょう?もちろん筆者にもどっち側というのはあると思いますが…。

Lv.4
0
2017.01.13 01:29

色々意見はあると思いますが、責任が伴っているものほど、より慎重で平和的?に取り繕っている意見が書いてあると思います。責任が少ない順番で言うなら ネットの意見⇨どこかの誰かが書いた本⇨TVやメディアの意見⇨学校の教科書、ですね。 私がここで憲法9条について、何を言っても誰に対しても影響力はありませんし、それによって何かに対して責任を負うわけでもありません。なのでネット上では一番過激な意見が飛び交います。出版されている本も出版こそされていますが、その気になれば手順さえ踏めば私も出版できるので(おそらく誰も書いませんが)、そういう意味ではネットの書き込みに少し似ています。しかし、お金もかかり、名前を出して出版することが多いので、中身については信用度が少しだけ上がるかもしれません。 テレビでネットに出ていることなどを言ってしまうと、下手したらスポンサーが逃げたり、自分の首が飛びます。なので時には事実を伝えるべきメディアが保身に走ることも考えられます。また、視聴率やCM等お金が絡んでくるのでそこで平等性を失われることもあるかもしれません。 教科書は一番厳しいです。教科書を出版する際にきちんと検定に合格しないと公立学校でその教科書を使うことができません。ただ検定というのは事実に即しているかどうかではなく、政府の定めた基準に外れていないか、というものです。 続く。

Lv.4
0
2017.01.13 01:50

だから教科書が一番下手なこと過激なことは書けないことが普通です。むしろ書いてしまってまだ自分で判断できず何でも鵜呑みにする小・中学性が過激な道に走ってしまいます。今の大人でさえ、ネットの意見で過激路線に行く人が多数いる状態ですから。 前置きがとても長くなってしまいましたが、私は全て話半分で聞きます。人間とは不思議なもので活字で見たりテレビで誰かが発言していると、さもそれが正しいことを述べているように見えることがあります。こう言うと言葉は悪いですが、きっとあなたのクラスや学年にもどうしようもなくお馬鹿な子はいますよね?成績も悪く常識もなく普段、その子が何を言っても誰もまともに相手にされないような子です。しかし、どうでしょう?私は長々と偉そうに書いていますが、私がその子の可能性だってあります。丁寧な言葉遣い、長々と書いているから、と言ってそれが正しいかどうかは別問題です。 何かを見聞きする時、それが本当か嘘か建前か本音か利害が絡んでいる上での発言かなど色々見分ける必要があります。誰かの本から入るのは少し危険な気もしまふ。誰でも違った意見があります。おそらく私はあなたよりTPPについて詳しいです。議論を始めたら1時間後に私の意見であなたを説き伏せられるかもしれません。本も同じです。その著者の意見が入っています。遠回りですが、私個人の意見としては、ニュースや色々な意見を話半分で聞きながら、それらを自分で判断できるように、学問的な基礎を学んで行くことだと思います。 ニュースやそれらしい人の話だけ聞いていると、TPPはEUやFTAと同じに聞こえ、例えばEUの例を持って反論するかもしれませんが、学問的に学べば、これらは地域の経済的統合の過程における異なる段階で、そのまま比べられないものだと思ったりもします。そしてまたこの枠組みの最も統合されたものに近いのがアメリカだということも学んだりします。けど、ニュースを見ているだけでは、あれ、アメリカて国じゃないの?何でこの人EUなどの地域統合の話にくわえてるの?と聞こえます。 学問を学ばなかった人、学んでもそれを活かしきれなかった人は、否定する人も多いでしょうが、私はいま起こっているTPPや憲法9条などを判断するにあたり、まぶはそれらを判断し得るだけの基礎となる学問を学ぶべきだと思います。自分で判断できないと、あなたの学校のトンチンカンな子がネット上にそれらしく活字で書き込んだ内容を鵜呑みにして、ただのネットやメディアの意見の代弁者になってしまいます。

profile
Unknown
2017.01.13 17:46

Gengarさん 返信ありがとうございます。母親がネットの記事を自分の思想のように語ってくるのでそういうのはまず基礎を勉強してからにしたら?と言ったことがあります。情報を鵜呑みにしてる感じがあり、少し怖いとまで感じました。 歴史的背景などを知っとかないとわからないようなこともありますし、とりあえず高校教科書で勉強しようと思います。アマゾンで注文しました。意見を持つには知識に基づいた考えでないと説得力ないですね。先走りすぎました。この度はありがとうございました!