有理数、実数、複素数の違い?を教えてください!

profile
匿名
2016.12.01 23:29
Completed

有理数、実数、複素数の違い?を教えてください!

数学学校高校

回答 4
profile
0
匿名1
2016.12.01 23:33 |2016.12.01 23:34編集済み

実数と虚数に数字は大きく別れる。 実数て複素数iがなければ全部実数 有理数も実数 有理数てのは終わりがある。√とかπは無理数1/3とかも

Lv.1
0
2016.12.01 23:36

実数は全ての数字のことでその中で有理数と無理数に分かれています。 有理数は分数に出来る数、無理数は分数にできない数(√、πなど)。 複素数は実数ではない嘘の数(虚数)です。2乗して-1になる数は無いのに√-1 など嘘の数を表します。

Lv.3
0
2016.12.02 17:14

高校数学では数というのは大きく2つに分類され、それぞれ、実数、複素数といいます。 実数は有理数、無理数という2つのカテゴリーが存在します。 有理数は2整数a、b(b≠0)を用いてa/bと表せる数、無理数はその形で表すことが出来ません。 2次方程式において、実数となる解が存在しない場合があります。この場合、解なしとするのは色々不便であり、実数以外の議論から逃げていることになります。ここで、虚数単位(i)というものを導入して、実数ではない数の存在を認めようということで誕生した新たな数が複素数です。 例を挙げると、 有理数...0、1、1/3、-5/6、2.31など 無理数...√2、-√5、π(円周率)など 複素数...i(2乗すると-1)、2+3i、ω(1の3乗根のうち1でないもの)など

profile
0
Unknown
2016.12.02 23:41

皆さん、複素数と実数は違うもののように書いていますが、複素数の中に実数は含まれています。図で書くとこんな感じです。

数学,学校,高校