小説の一話をどの場面から始めるか悩んでいます.... 書き出しがわからないので...

profile
匿名
5日前
Completed

小説の一話をどの場面から始めるか悩んでいます.... 書き出しがわからないのではなく、「大まかなストーリーの流れが決まっている中でどこから書き始めるか」ですこぶる悩んでる状態です。 長文になるかもしれませんが、悩んでるところを聞いてくれる方いませんか?

小説文学書籍

回答 10
profile
0
匿名1
5日前

聞いてみたいけど今から寝るので返答は明日でもよければ。

Lv.2
0
5日前

私も返信は遅くなりますがそれでもよければお聞きしますよ(*'ω'*)

profile
匿名
5日前

おぉ!ありがたい。どっから話そうかな.... まぁすこぶる簡単に言うなら「ダークサイド側の主人公とメイン主人公がいて、ダークサイドと主人公は双子なんですよ。主人公は敵に子供の時から囚われているのですが、ある日ダークサイド側の主人公が助けます。というか主人公とすり変わります。で、自由を取り戻した主人公はダークサイド主人公として生きていく」 要点はこんな感じ(もっと詳しく書いた方が良いなら書きます) そこで、入れ替わる手前から書くか、入れ替わった後から書くかで悩んでます。入れ替わる手前だと伏線として隠しておきたい部分が筒抜けになっちゃうんですよね。 ただ、入れ替わった後から始めると「実は主人公とダークサイド主人公はすり替わってました!」とネタバレするときにこじつけ感が出てくるような。

profile
0
匿名2
5日前

どちらか一方の行動を追う文から始めるのはどうですか? 入れ替わったことは後から明かされる。 囚われていた頃のことは、中盤で回想シーンをはさむとか。

profile
0
匿名2
5日前

(すり替わったあとの)ダークサイド主人公を描いていくといいかも。 メインの耳にも囚われの者の噂が届くが、そこでメインが本物のダークサイドのことを知っているかのようなセリフをうっかり言ってしまうシーンを入れる。だが周囲には明かされない。 伏線をところどころに挟んだ上で、ダークサイドをメインが助け出そうとする。 周囲は軽く疑問を抱くが真実は…!

profile
匿名
5日前

匿名2さん おお、それと全く同じ展開にしようと考えてました。 回答ありがとうございます! 柳蓮さん 匿名1さん の回答を待ってからピッタリを決めたいと思います。

profile
匿名
4日前

匿名2さん えーと今更なんですけど、あと俺の理解力がたらないだけなんですけど「どちらか一方の行動を追う文から始める」をもう少し詳しく教えていただけませんか?

profile
0
匿名2
4日前

あ、はい。 言葉が足りずすみません。昨夜はちょっと興奮してて。すごく面白そうですね! ちょっと待ってくださいね。頭を整理します。

profile
0
匿名2
4日前

どちらか一方、というのはダークサイド主人公かメイン主人公のどちらか、という意味でした。 2人の物語を同時進行で進めるとネタバレを出さずに書くのは難しそうなので、例えばですが、本来のメイン(すり替わってダークになる方)だけで進めていってもう一人は噂話とか回想でちょっとずつ出す感じです! 私が勝手に、こういうのもいいなーと思っただけなので、ご自由に進めてくださいね! 未熟なアイデアを聞いていただき、ありがとうございます!

profile
0
匿名1
4日前

返信が遅れてすみません。 しかも匿名2さんが既に詳しく書いてらして、こちらは蛇足にしかならないかもしれませんが一応。 ダークサイド側=敵、ということですよね? 敵に捕らわれて、そのままそこで育ち、幹部候補生みたくなった感じですかね。 それならやはり入れ替わる手前から書いたほうがいいですね。 双子とか、大きい部分を伏せたまま三人称で書いて、容姿などには触れないとか、あるいは入れ替わりの際に詳細が見えない(虐待の怪我とか、単純に暗闇の中だったとか、覆面をしていたとか)状況だったとか、自然に隠すことはできると思います。 ふとした時に漏らした声が、なぜか懐かしかった、など、後のネタばらしが更にスムーズになる伏線も張れるかと。

profile
匿名
4日前

匿名2さん なるほどなるほど。最初から最後までメイン主人公目線で良いだろう。ということで良いですかね?個人的な意向としてはこの話はメイン主人公=正義 ダークサイド主人公=悪で進めていきたいので(実際はそんなことはないのだけれど)メイン主人公目線で書くのが良いですね。 ご回答ありがとうございます!

profile
匿名
4日前

匿名1さん ふむ、自分はこの質問するまではダークサイド主人公が入れ替わるまでの一週間くらい前から書き始めてたのですが、入れ替わる手前というのはどのくらい手前で良いのでしょう?

profile
0
匿名1
4日前

それはいつからでもいいと思いますけど、子供の頃から捕らわれている、という時の過酷さや重みには触れておいたほうがいいと思います。 …とすると、時間軸としては入れ替わりごく直前にはじまるほうがストーリーとしては臨場感があるような気がしますね。 なにか理不尽に捕らわれている主人公がいる→回想の断片で長いこと囚人でいるらしいことが読者にわかる→精神的・肉体的にギリギリの所で、ふいに誰か(もう一人の主人公)が現れて救い出される、 というのドキドキしながら読めるんじゃないかと。

Lv.2
0
4日前

かなり返信が遅れてしまいました! 申し訳ないですm(_ _)m 上記でお二方が出された提案で行くととても臨場感と緊迫感がよく出るかと思います。 ここからは書く時の注意点というか、私個人の意見になるので聞き流してもらって構いません。 回想シーンなどで囚われている際のことを書くのであればその時の主人公の情景描写よりも心理描写の方に視点を置くとより想像しやすくなるかと思われます。 又、この場合だと主人公視点ではなく、第三者視点からの方が状況把握はしやすいかな、と。 こちらの勝手なご意見ですのでスルーしてもらって構いません。

profile
匿名
4日前

柳蓮さん いえいえ!小説初心者の自分にとってどんな些細なことだろうと貴重なご意見です!ピッタリ後だというのにありがとうございます!!

Lv.2
0
4日前

いえいえ、こちらこそです(*'ω'*) 小説は書き始めたら色々苦難は多いですが楽しいので頑張って下さいね٩( 'ω' )و

profile
匿名
18時間前

メイン主人公=神崎 結威 ダークサイド=神崎 優雨 神崎結威は人類を襲った異形の者に囚われていた。すでに、襲われた以前の記憶は無く、生きる希望さえなかった。 ↓ そんななか神崎優雨が現れる(この時、神崎結威からは顔は見えない) 神崎優雨は自分の弟が記憶喪失であることを知り(神崎優雨の名前や存在は隠す)「神崎優雨としてお前に居場所を与える。そこで強く生きるんだ」と言って逃す。 ↓ 記憶喪失の結威は自分が優雨だと思い込む。 ↓ 神崎優雨のツレに連れられて、異形の者が占領する国から人間の国(神崎優雨がいた国)へ行く。(但しツレとは国境付近で別れる) ↓ 長時間走り続けて平原で倒れたところ、神崎優雨の所属していた軍人から保護される。 ↓ 結威は目がさめると上官から軍人の退役が命じられる ↓ 軍人になった覚えもない結威はわけもわからないうちに居場所を無くし途方に暮れる。 一話のプロットを作ってみたのですがこんな感じで良いですかね?