アルファゲルなどのやらかいグリップ、 ラバー、ローレット、溝系 これらのグリップ...

profile
匿名
1日前
Completed

アルファゲルなどのやらかいグリップ、 ラバー、ローレット、溝系 これらのグリップのシャープペンのメリットとデメリットを教えてください

シャープペンシル文房具

回答 2
profile
1
匿名1
1日前

やわらかめのグリップ ・メリット ぷにぷにして気持ちいい、疲れにくい、滑りにくい ・デメリット ひとによっては持ちづらく感じる。いずれ劣化する ラバーグリップ ・メリット 手が痛くなりにくい、持ちやすい(と感じる人もいる)、滑りにくい ・デメリット いずれ劣化する ローレットグリップ ・メリット 滑りにくい ・デメリット 長時間使用で手が痛くなる(個人差あり)、人によっては合わない 溝 ・メリット 人によっては持ちやすく感じる ・デメリット 滑りやすい、痛くなる人もいる 個人差あるので参考程度に

Lv.3
0
1日前 |1日前編集済み

柔らかいグリップ(アルファゲル、ドクターグリップなど) メリット 柔らかく、ペンだこが出来にくい。疲れにくい。 デメリット 太い軸のものが嫌いな人など、持ちづらく感じる人もいる。埃が付きやすい。黄ばむ。 ラバーグリップ メリット グリップ部分に何もないより滑りにくい。軸もグリップ部分もプラスチックの 商品(デルガード、モノグラフワンなど)よりは、疲れにくい。ほどよい太さのものが多い。 デメリット 黒鉛などの汚れが目立つ(特に白色のもの)。黄ばむ。ベトベト、ぶよぶよするなど劣化する。 ローレットグリップ メリット 滑りにくい デメリット 人によっては合わず、手が疲れる。他のペンを傷つけ、塗装などを剥げさせてしまうこともある。冬は少し冷たい。 (プラスチックの軸などに)溝 メリット ベタつかない。(日光などによるものを除き、)黄ばんだりしない。 デメリット 手汗を多くかく人は、滑る。また、人によっては長く握っているといたく感じる。

profile
匿名
20時間前

ありがとうございます さきに回答をくださった方にピッタリさせていただきます