回線交換方式について。 この方式は、データが送受信されていない時でも回線を占有...

profile
匿名
2016.12.01 22:55
Completed

回線交換方式について。 この方式は、データが送受信されていない時でも回線を占有し、他の人が使えないという欠点がある。 と書かれているのですが、どんな意味か教えてください。

インターネットパソコン

回答 3
profile
0
匿名1
2016.12.01 23:02

回線交換とパケット方式。 回線交換はAさんとBさんの間にデータの通り道をつくって、そこをデータがやりとりする。よく言われるのが「電話」。AさんとBさんが「音声データ」の通り道をつかって会話をする。Cさんと話すときはCさんに切り替える。 パケット方式はデータの通り道を確保したら、そのなかにパケット(小包)でいろんなデータをやりとりする。よくいわれるのが「データ通信」。Youtubeで動画を再生しながらYahooで映画を検索して、Instagramに写真をアップロード・・・ 回線交換だとYahooにつながってるときはYouTubeの動画はとまって・・・みたいなことになる。

profile
匿名
2016.12.01 23:05

匿名1さん ありがとうございます!

Lv.1
1

回線交換方式では、通信中はネットワーク上の二地点間を結ぶ経路を独占的に利用するので、他の通信は利用できません。 アナログ電話回線がこれにあたります。 パケット方式とは、通信データをある大きさ(パケット)に区切って、パケットごとに宛先情報やエラー訂正情報などを付加して相手に送信する方式です。 実際にデータを送受信しているとき以外は回線を占有しないため、同一回線で異なる複数の情報の送受信でき、回線の利用効率向上が図れます。

profile
匿名
2016.12.01 23:57

いろいろ知りたい君さん ありがとうございます!

Lv.1
0

いえいえ、頑張ってくださいね。