株式会社が倒産してしまった時、会社の財産を売却しても返済仕切れなかった場合、出資...

profile
匿名
2016.12.01 22:14

株式会社が倒産してしまった時、会社の財産を売却しても返済仕切れなかった場合、出資者は会社の所有者として返済の不足分を支払う必要がないのはなぜですか?

会社仕事株価

回答 5
profile
2
匿名1
2016.12.01 22:19

それを有限責任と呼び、株主は有限責任社員です。 有限責任だからこそ、出資者は安心して高いリスクのある資金を会社に提供でき、経営は取締役に任せられるのです。

profile
匿名
2016.12.01 22:31

匿名1さん 有限責任とはなんですか?

profile
2
匿名1
2016.12.01 22:36

出資した金額を超えて金銭的な負担を負うことがないということです。 つまり、100万円出資したら最大でも100万円しか損しないということです。 この仕組みがあるから、多くの株主から幅広く資金を集めることができます。 逆に、無限責任というのは金銭的な負担に上限が無いということです。100万円出資したとしても、会社が1000万円の借金を抱えて倒産したら追加でお金を出して1000万円を負担しないといけないということです。

Lv.3
0
2016.12.01 23:33

勉強になった。 ありがとう。 (´・ω・`)

Lv.3
2
2016.12.03 15:19 |2016.12.03 15:23編集済み

なんか学校の宿題見たいな質問ですね。 会社の所有者は株主ですね。 出資者の個人財産と会社の財産は別物として扱われます。 なので会社の借金を出資者の個人財産で支払う必要はありません。 出資した金額だけで支払えば良いのです。 よくあるのが計画倒産で会社の資金を自分の財産になるよう自社株を倒産前に売って個人資産にしちゃおうとする経営者がいます。倒産したらその売った金額は個人資産になるので返さなくてもよいとされています。 まぁ普通はもろインサイダー取引なので捕まっていますが捕まらなければ倒産しても勝ち組になれますね。

Lv.3
0
2016.12.03 15:27

更に勉強になった。 ありがとう。 (´・ω・`)