日米安保体制とそのもとでの自衛隊の補強により、憲法の平和主義は大きな試練にさらさ...

profile
匿名
5日前
Completed

日米安保体制とそのもとでの自衛隊の補強により、憲法の平和主義は大きな試練にさらされていた。しかし、冷戦の終結は、平和主義の鑑定を妨げてきた国際政治機造を根本的に変革させた。その一方で、湾岸戦争などの地域的紛争が激化した。 冷戦の終結は、~根本的に変革させた。ってありますがどういうふうに変革させたんですか??

社会日本

回答 1
profile
0
匿名1
5日前

冷戦中は西側と東側に多くの国が分かれていました。 ご存知のとうり西側の長はアメリカ。 東側の長はソ連です。 西側諸国の中には東側諸国と仲が悪い国もいて戦争する気満々の国もあります。 でもそれらの国が戦争を始めてしまえば、西側諸国vs東側諸国の世界大戦、核戦争にも繋がりかねません。 なのでアメリカは西側諸国に勝手な行動をしないように目を光らせていましたし、ソ連も東側諸国に目を光らせていました。 しかし、冷戦が終結し、アメリカとソ連の対立が弱まり、東西対立関係にあった国々の対立がより一層激化しました。