音楽で箏のテストがあります。 「平調子」とやらがわかりません。 授業プリントには...

profile
匿名
6日前 | 6日前編集済み

音楽で箏のテストがあります。 「平調子」とやらがわかりません。 授業プリントには、【一 = ミ】です。(写真①) でも配られた楽譜には【一 = レ】です。(写真②③) 意味わからなくてググッたら【一 = レ】(写真④)で、キタコレ!!とおもったのですが、念のため教科書で調べてみたら【一 = レ】(写真⑤)はいいとして、その後に続く音がgoogleとは全く違いました。どういうことですか?わかりやすく説明おねがいします

音楽,和楽器,音楽大学 音楽,和楽器,音楽大学 音楽,和楽器,音楽大学 音楽,和楽器,音楽大学 音楽,和楽器,音楽大学

音楽和楽器音楽大学

回答 2
profile
0
匿名1
4日前

④と⑤は同じですよー! 一の弦をミにするか、レにするかで 平調子の音も変わっていくんです 移調、キーを変えることと概念は同じです ミにしたら、#や♭が平調子の音にないのでわかりやすいという点で、授業プリントにはそう書いているのだと思います ですがレの方がメジャーではあると思います。

profile
0
匿名2
3日前 |3日前編集済み

例えばですが「かえるのうた」を 「ドレミファミレド …」と弾くか 「ファソラシ♭ ラソファ …」と弾くかの違いです。 一=Dの平調子は一から 「レソラシ♭レミ♭ソラシ♭レミ♭ソラ」です。 (シ♭はラ♯と同じ音なので♯で書きたいときはラ♯、ミ♭はレ♯になります)