iPhoneの64bit機でしか脱獄できないらしいですが、32bit機と64bi...

profile
匿名
1日前

iPhoneの64bit機でしか脱獄できないらしいですが、32bit機と64bit機の違いって何があるんですか?

脱獄

回答 18
Lv.2
0

iPhone初期からiPhone4sまでか32bit iPhone5からは64bitになります

profile
匿名
1日前

初音ミク Project DIVA FTさん 画面の大きさはインチじゃないんですか? あとbitってデータ単位なのに関係あるんですか?

Lv.2
0

匿名さん 関係ないです

profile
匿名
1日前

初音ミク Project DIVA FTさん OSでWindows32bit、64bitとして有名ですが、CPUにも32、64ってありますよね? それに画面なんてどう関係してくるんですか?

Lv.3
1

iPhoneSEは64bitですがiPhone4sと画面は同じですよね。1番の違いはCPUが扱える情報の大きさですかね。 32bit 4,294,967,295個 64bit 18,446,744,073,709,551,615個 この違いです

Lv.2
0

匿名さん 画面の大きさは間違いでした

Lv.3
1

あとは 扱えるプログラムが違う 扱えるメモリの容量が違う 扱えるHDDの容量が違う などですかね

Lv.2
0

͏mikiyan1978͏さん そうですね

profile
匿名
1日前

͏mikiyan1978͏さん 32bit用、64bit用の言語(言語自体よりも種類?)やメモリ(でも最高が2GBだから32bitの4GBでも間に合う気が…)は違うってことですか? それがなぜ、64bit用の脱獄ツールは32bitでは使えないのでしょうか?

Lv.2
0

匿名さん Panguが32bitを出さないからです

profile
匿名
1日前

初音ミク Project DIVA FTさん なぜ64bitは出せるのに32bitのは出せないんでしょうか? CPUの違いですよね?

Lv.3
0

脱獄ツールに関してはわかりませんね

Lv.2
0

匿名さん でも、32ビットで成功してます

Lv.3
0

勝手な予想ですが今までの端末はツールによりダウングレードが可能で脱獄ツールで使う実機テストが出来たのに最近の64bit端末ではダウングレードツールがなく自由にテストしたいバージョンへのダウングレードが出来なく64bit端末でしかテスト出来ないという事でしょうか… 今後ダウングレードツールがリリースされればもしかしたら32bit/64bit対応の脱獄ツールがリリースされるかもしれませんね。

Lv.3
0

まあ脱獄ツールをリリースするチームによりけりといったところですか

profile
0
匿名1
1日前

初音ミク Project DIVA FTさん 画面の大きさも間違ってるけど、iPhone 5も32bitだから間違ってるよ

Lv.1
0
1日前

32bit 64bitで脱獄ツールが32bitに出ないのは、私の個人的な意見ですが bitの違いで 使えるexploitが 片方で使えなかったりする為かと Windowsのexploitを見ていて そこから判断してるだけですが 可能性は、少なからずあるかと

Lv.1
0
1日前

32bitの方が exploitが多い気がします iOSについて 詳しくは、ないのであまり言えませんが

profile
匿名
1日前

͏mikiyan1978͏さん なるほど…32bitの一部?全部?の端末は確かダウングレードが可能でしたよね。64bitで来ればもう文句なし…wチームのみぞ知り得ることなんですよね…まあ脆弱性隠さないとだめですもんね… Aoi freeさん exploitって確か、脆弱性を使ってその脆弱性を突くツール?コード?か何かですよね…? 32、64ってハードの違いなのに、そんな使える使えないなんかあるんですね…なぜなんでしょう…

1日前

命令セットアーキテクチャが違う A6まではarm-v7アーキテクチャだけどA7からはarm-v8 だからバイナリの互換性は全くない あとみきやんさん、4sとSEは画面サイズ違いますよ。

Lv.3
0

Fedoraさん iPhone5sと勘違いしてましたね

profile
匿名
22時間前

Fedoraさん arm-v7アーキテクチャ? なんかの方式か何かですよね…確か…

14時間前

分かりやすく言うとCPUの中には記憶装置(レジスタ)・演算装置・制御装置などいろんな装置があって、それらの装置がとる構造が違うと、実行するプログラムのバイナリが違うんですよ。 arm-v7というのは組み込み機器やスマホなどの低電力のデバイスに用いられてきたcpuの構造の名前で、A6まではこのarm-v7の構造だったのがA7からはarm-v8に変わったのです。arm-v8はv7のレジスタ(記憶装置)の数を増やし、幅を32ビットから64ビットにしたもので、アドレスを取り扱う桁数が増えたのでみきやんさんの言ったように扱えるメモリの最大値が増えたのと、扱えるプログラムの形式が違うのですよ。 つまり片方で実行できるプログラムももう片方で実行できるとは限らないのです。