うさんくさい横文字日本語が、明らかに昔より増えていますが、このペースでいくといつ...

profile
匿名
2016.12.01 12:38
Completed

うさんくさい横文字日本語が、明らかに昔より増えていますが、このペースでいくといつか日本語は消えるのはいつ頃ですか?

雑学日本英語

回答 9
Lv.3
2
2016.12.01 12:41

あなたもペースって使ってるし、江戸時代の人間からしたら嘆かわしいんでしょうね

profile
0
匿名1
2016.12.01 12:43

ぺえす とはなんぞ 笑

profile
匿名
2016.12.01 12:44

無意識でした…恥ずかしいです…

Lv.3
0
2016.12.01 12:51

言語とは時代によって変化して当たり前。 すでに記述も口語も源氏物語などを読めば変化しているのはわかると思う。 明治大正からすら変化しているのだから、例えばインターネットなど無い時代から比べて新しい単語が増えて当たり前。 インターネットを電脳電子網とか言われてもピンとこないでしょ? その時代時代で新しい単語が産まれ、使われない言葉や文法、単語が死んで行くのは昔から当たり前に行なわれてきた事。 今に始まった事じゃない。

profile
匿名
2016.12.01 12:54

インターネットは英語圏で生まれたものだからインターネットでいいんですが、 すでに日本語として完成されている言い回しを、近年あえて英語で言うみたいのがあるじゃないですか?こういうことも昔からあったんでしょうか?

Lv.3
0
2016.12.01 13:01 |2016.12.01 13:01編集済み

匿名さん ありましたよ。 例えば明治に入ってから外来語が流入したのがその典型。 確かに西洋の新しい文化も流行したが、今までの日本語もまた、ハイカラ的な流行の名の下大きく変わった。

profile
0
匿名2
2016.12.01 13:08

機知をユーモアって言ったりね 日本語は常に変わり続けてるからしょうがない

Lv.3
0
2016.12.01 13:10

乳がミルクになったり、橙色がオレンジ色になったり、葡萄酒がワインになったり。 こんな事は昔からしょっちゅう。 これは日本語に限らず、英語圏や他言語でもそう。

Lv.3
0
2016.12.01 13:30

匿名さん きっと、普通に今ある日本語の単語で言えばいいのにわざわざ変な横文字を使ってそれっぽく振る舞ってる人々が嫌なんでは?私も同感です。

profile
匿名
2016.12.01 19:20

はい 外来の言葉や、そもそも日本で日常に使われていない言葉が外来語に置き換わるやつじゃなくて 日本語で全く違和感なく表現できるのに外来語を使うことの話です

Lv.3
0
2016.12.02 11:52 |2016.12.02 11:52編集済み

匿名さん なるほど。 いわゆるIT、Web業界で頻出する、アグリーメントとかアサイン、シェア、コミットメントとかみたいな単語の事ですかね?

profile
匿名
2016.12.02 12:14

そっち系です! でもよく考えると、IT系の情報発信源が海外だから仕方ないんですかね

Lv.3
0
2016.12.02 12:24

匿名さん それはありますね。 いわゆる海外から流入した外来語と一緒だと思います。 現在はIT、Web業界でのみですが、もしかしたら将来、橙色がオレンジ色になった様に日本語として取り入れられている可能性は否定出来ません。 事実、IT、Web業界意外でも使われ始めてますから。 ライザップの結果にコミットなんてその典型でしょう?