数学です。証明とかの単元に出てくる定義と定理と性質の違いがよく分かりません、ごち...

profile
匿名
2016.12.01 00:36

数学です。証明とかの単元に出てくる定義と定理と性質の違いがよく分かりません、ごちゃごちゃになってしまいます。分かり易く説明してくれませんか?

中学生数学

回答 3
Lv.2
1
2016.12.01 00:37

定義を利用したのが定理だったと思います

profile
1
匿名1
2016.12.01 00:37

そんな広範囲な質問は答えようがない

profile
匿名
2016.12.01 00:41

匿名1さん すみません、では正三角形の定義、定理、性質を教えてください

Lv.2
1
2016.12.01 01:17

簡単に言いますと、 定義:言葉の約束 例)偶数とは2の倍数である 定理:証明された(特に重要な)正しい事実 例)二等辺三角形の2つの角は等しい 性質の違い:証明された正しい事実 例)平行四辺形の2つの対角線はそれぞれの中点で交わる ここで述べておきたいのは、定理と性質の違いに厳密な区別がないという事です。 なので、定理=性質の違いと見て大丈夫だと思います。 それにお節介かもしれませんが、自分が中学の数学では一つ一つ図形の性質を暗記しませんでした。 正三角形なら三辺が等しくて全ての角が60度なんだなと感覚的に覚えてます。 テストで性質などを聞かれる事は少ないですし、暗記よりも沢山の問題に触れることの方が重要だと思います