なぜ、第三次桂太郎内閣は53日で倒壊したのですか? 桂太郎が、内大臣兼侍従長であ...

profile
匿名
2016.11.30 19:02
Completed

なぜ、第三次桂太郎内閣は53日で倒壊したのですか? 桂太郎が、内大臣兼侍従長であったことが何か関係していますか?

内閣社会日本史

回答 3
Lv.5
0
2016.11.30 19:13 |2016.11.30 19:14編集済み

第一次護憲運動がおこり、桂太郎内閣は山縣有朋の傀儡とみなされ、憲政擁護・閥族打破を主張する国民を抑えきれなくなったから。 内大臣兼侍従長は内閣が倒れたこととは直接関係ないかと。

profile
匿名
2016.11.30 19:15 |2016.11.30 19:15編集済み

ダミーQさん 内大臣兼侍従長であったために桂太郎がどうなった、ということは分かりますか?? ありがとうございます!

profile
0
匿名1
2016.11.30 19:16

陸軍・藩閥の横暴と受け止められ、憲政擁護運動が起きたから

Lv.5
0
2016.11.30 19:20

山縣有朋にしてみれば内大臣兼侍従長にして、政治の世界から切り離そうとしたようです。が、結局桂に内閣を組織させざるをえず、山縣の意図は実現できませんでした。

profile
匿名
2016.11.30 19:32

ダミーQさん ご丁寧にありがとうございます。よくわかりました。