あかぎれを直す方法教えてください!!

profile
匿名
2016.11.30 18:13

あかぎれを直す方法教えてください!!

しもやけ

回答 3
profile
0
匿名1
2016.11.30 18:14

こまめに保湿するしかないです

Lv.5
0
2016.11.30 19:02

寒さや冷えによって血流が悪くなることで起こります。 手足全体を暖めて手足の血行をよくしましょう。 市販薬ならアットノンやHPクリームを使ってみてください。医療用と同じ成分です。 血流が良くなり改善してきます。

Lv.3
0
2016.11.30 19:16

あかぎれ‼︎ 痛いですよね。 あかぎれは、しもやけの症状の1つです。皮膚の表面だけではなく、真皮まで亀裂が入った場合の呼び方です。 あかぎれは水分不足により生じます。 水分が不足すると皮膚にひびが入ります。 さらに油分の不足により皮脂膜ができずさらに水分が失われ、そこからあかぎれへと進行してしまいます。 あかぎれになってしまっても、十分な栄養が行き届いていたら、すぐに修復されますが、栄養不足だと修復ができず、さらに悪化することになります。 あかぎれの治療法や対策法として、主に4つあげられます。 *栄養補給 最も有効なのはビタミンEです。 ビタミンEは皮膚の血行不良を改善して皮膚の温度を上げる働きがあります。皮膚の角質硬化を防止する作用もあります。 ビタミンEを多く含む食べ物は、魚類・大根・かぼちゃ・アーモンド・卵黄などがあります。冬になるといつもあかぎれになるという方はこれらの食材を多く摂取するように心がけてみましょう。 また、ビタミンEは皮膚から直接吸収されますので、ビタミンEを配合したハンドクリームなどを塗りこむと効果があります。 *血行改善 とにかく温めるのが一番です。 温めるのは患部だけではなく、体全体を温め、全身の血行をよくすることで末端の血管まで栄養が行き渡ります。 入浴は、シャワーだけにせずしっかり浴槽で体を温めましょう。 *水分不足の解消 冬は暖房が欠かせませんが乾燥しやすいので、部屋の中では加湿器などを使用しましょう。 また、洗い物をする時はできるだけ手袋をするようにしましょう。手袋ができない場合は、洗い物をした後に指の間までしっかり水分を拭き取り、患部から水分が蒸発するのを防ぎましょう。 *油分不足の解消 水分が逃げてしまうのを防ぐには、油分でしっかり油脂膜を作ることが大切です。 ハンドクリームによる保湿が一番効果的です。就寝時にはハンドクリームを塗った上で手袋をはめましょう。 この4つ対策、心がけてみてくださいね。