立花宗茂は改易された後、棚倉藩を経て、再び旧領の柳川に返り咲きましたが、それはた...

profile
Unknown
2016.11.30 12:35
Completed

立花宗茂は改易された後、棚倉藩を経て、再び旧領の柳川に返り咲きましたが、それはたまたま柳川が空いたからでしょうか?それとも他の地域も空いていたけども宗茂が柳川にこだわったのでしょうか?

歴史日本史戦国武将

回答 2
Lv.3
1
2016.11.30 19:42

柳川藩は関ヶ原の合戦後、田中家が治めていましたが、藩主が病死して断絶しました。秀忠の御伽衆で信頼も厚かった宗茂は、元領主ということもあり柳川藩に復帰しました。たまたま空いたのと、元々治めていた土地なので混乱もないと踏んでの配置だと思います。

profile
Unknown
2016.11.30 19:58

ピアノワイヤーさん どちらかというと徳川の指示だったんですね。当然と言えば当然ですが、宗茂公が「俺は柳川がいいんだ」みたいな言葉を残してたら嬉しかったですね。 別に柳川藩領と縁もゆかりもないけど、近いので。

Lv.3
1
2016.11.30 22:16

宗茂から徳川家に向かって要望は出さないでしょうけど、秀忠は宗茂の気持ちを汲んでの配置のような気もします。家康も秀忠も宗茂を厚遇してますから。そうじゃなければ、刃向かった敵を復帰させません。

profile
Unknown
2016.11.30 22:16

ピアノワイヤーさん ありがとうございました。 そうだといいですけどね。