第三者による錯誤無効の主張とは何ですか。 具体例を用いて、説明していただけない...

profile
匿名
5日前

第三者による錯誤無効の主張とは何ですか。 具体例を用いて、説明していただけないでしょうか。よろしくお願い致します。

法律

回答 1
Lv.2
0
5日前 |5日前編集済み

まず,ご存知かもしれませんが 錯誤とは 民法第95条 意思表示は,法律行為の要素に錯誤があったときは,無効とする。ただし,表意者に重大な過失があったときは,表意者は,自らその無効を主張することができない。 この錯誤無効は,表意者保護の趣旨に基づき主張できるのは原則として「表意者」のみです。 しかし,例外的に表意者,相手方,以外の第三者が錯誤無効を主張することができます。これが第三者の錯誤無効です。 具体例は, Aが錯誤によって,不動産を非常に安値でBに売ってしまったが,Aが錯誤無効を主張して不動産を取り戻さない場合,Aの債権者(お金を貸している人など)Cは,Aに対する債権を保全するために,Aに代わって錯誤を主張することができる。(債権者代位)