出典 :自分で撮影@高崎支所
9

ディーゼル機関車は形式ごとにまとめての紹介(適当だなおい) ⑧DD51 842・888・895・897 蒸気機関車と言えばD51、電気機関車と言えばEF65、同じようにディーゼル機関車と言えばDD51。 長期間に渡り製造が続き全国で活躍をするも、JR東日本では高崎に所属するのみ。 800番台は重連装備を持ち客車を牽くための暖房装置などを省略した貨物専用仕様。それがなぜJR東に引き継がれたのかは定かではありませんが、12系以降の自分で電源を持つ客車なら問題ない様子。 このうちの842・888・895号機の凄いところはいわゆる「お召し仕様」であること。天皇陛下や皇族の方がお乗りになるお召し列車を牽くために特別な装飾を施され、予備機やお召し列車の前を走る「露払い」に使われました。842号機は実際にお召し牽引の実績もあります。 残念ながら897号機はごく普通のDD51です。 八高線は高崎に乗り入れる中では唯一の非電化路線であり、ここはDD51の独壇場。イベント列車や工事列車に駆り出されます。SL碓氷では折り返しのために後ろに補助の機関車を繋げますが、こちらもDD51登板の機会が多いです。

9 / 11