コメント 0
247 view
1

まず人間の生きる理由とは何なのか 人間は死んだらどこに行くのか といったところを理解していきましょう 一つ目 人の生きる理由は何なのか まず人は毎日を過ごしていく中で何かを得て、何かを忘れ、何かを失い、何かを思い出したりしていきています。 そう人は毎日失ったものや忘れたもの、新しいものを得たり、思い出したり、発見しようとしたりするのです。 しかし人間は日々、産まれて、死んで、を繰り返しています。 では、まとめます。人は毎日何かを発見しながら死に向かっていくのです。 二つ目は 人間は死んだらどこにいくのか ですが、これは誰にも分かりません。 ここからは自論ですが、人は死んだ後、消えると思うのです。勿論、死体は残ります。 しかし、本当に霊がいるとも思いませんし、そもそも人に魂があると思うこと自体が間違っていると思います。 なので、まず人に魂があるという概念を捨ててください。 なら死んだらどうなるの? 死んだら終わりです。 他に道などありません。

1 / 3