コメント 0
567 view
11

ニードルで開ける場合、コットンに消毒液を染み込ませ先に耳を消毒します。 次に開けたい部位にペンでマーキングします。 位置が変でないか、下すぎないかを確認して納得できたらニードルを準備します。 ニードルに軟膏を塗り滑りを良くしておきます。 そのまま刺すと顔を傷つけてしまうかもしれないので、ニードルの針が出てくる裏側に消しゴムかコルクを準備して、針が顔に刺さらないようにしておきます。 ニードルをマーキングした位置に一思いに刺したら、ニードルは抜かず、ニードルの針でない方の真ん中に空洞があるので、その空洞にピアスの棒部分を差し込みます。 ピアスを差し込んだら、そのままニードルを押し込んで耳裏から引き抜くと、ピアスは耳に装着された状態になるので、キャッチをつけてピアッシングは終わりです。 ※躊躇って一思いに突き刺さないと、途中で止まって貫通せず余計に痛い思いをします。 躊躇いを捨て、一思いに突き刺せば若干でも痛みは軽減されます。

11 / 12