配偶者の不倫が発覚!?後悔しない為の離婚のポイント

コメント 14
62,315 view
コメントを入力してください。
  • 不倫された傷心は、ただの「別れ行く者」では済まされませんよ。不倫は心の殺人とはよく言ったものですから。 尤も、完膚なきまでに叩き潰す必要もないと考えるなら、私のノートのやり方は馴染まないでしょうから、それは個人の判断で良いと思います。 結局、損害賠償の手段として一番ポピュラーな方法は「お金」と「社会的制裁」です。 あと、牽制の言葉によく反応されていますが、基本的には不倫が発覚したら離婚を推奨しています。 しかし、家庭の事情はそれぞれなので離婚できない場合もあるでしょう。 不倫はその人の価値観です。中途半端に恩赦を与えると勘違いして繰り返す人は多いので、再発防止の為の牽制は必要だと考えます。

  • 日々紛争ごとを扱っていて思う事は、何をするかよりも、なにをやったらダメかの観点が必要ということ。理由は引き返せない、時間は巻き戻せないからです。 今回私が否定的意見との心証を与えた点は、おそらく、別れ行く旦那を完膚なきまで叩き潰す利益は何か、が見えないと指摘したこととだと思います。そこまで踏み切った当事者に和解や再出発はないはず。さらに牽制…まぁ、人の感性の違いでしょうか。

  • ひまわり歌劇団さん 仰る通り、ノートは「不倫されたことによって、離婚を考えている場合」を前提に記述しています。 最初にひまわり歌劇団さんから頂いたレスでは否定的な意図と捉えましたので、離婚をしない場合でも不倫を再発させない為の手段(牽制)として活用できると申したまでです。

  • スペシャルミッチー様 レスありがとうございます。 ただ、あなたの今回のコメントは再構築を前提に書かれています。でもあなたのノートの大半は離婚裁判を念頭に書かれていました。当然、私はノートを前提にコメントしていますし、今度は牽制なんて言葉も出て来ました(笑) 以上です。