5

弁護士が到着した後、弁護士は立会いの もとで、駅員や警察に対して自己の言い分を話すようしてください。 また、弁護士の到着を待つ間は、記憶が鮮明なうちに事件があった時の自身や周囲にいた人の行動を整理しておきましょう。 痴漢事件の場合、認めれば早期に釈放され 認めなければ逮捕されて勾留されるというのが通常ですので、その実情から認めることを勧めるように促す取り調べもあるようですがやっていないのであれば認めるべきでは ありません。

5 / 8