4

RAM : CPUが処理する前後のデータを一時的に置いておく場所です。 人間で言えば一時記憶野ですね。 これが多いほどパソコンはスムーズに動きます。一般的な用途のPCだと4〜8GB、ゲーム用などでは8GB〜16、32GBくらい搭載されている事が多いです。まあ、上を見れば3桁や4桁積んでいるものもあるわけですが… ただし、むやみやたらに積めばいいわけではなく、適量が大事です。無駄に多すぎても体感的な性能は上がりません。

4 / 10