出典 :武田勝頼
4

『本来は跡継ぎ候補でもないのに回って来た不遇な当主・武田勝頼』 武田勝頼は信玄の四男であり、母は側室の諏訪御料人と呼ばれる元武田家の敵の娘です。 この勝頼が信玄の当主代理に選ばれた理由は異母兄たちの失脚などがありました。 長男・義信は失脚。次男・海野信親は盲目。三男・信之は早くに亡くなります その結果、四男の勝頼が選ばれますが、勝頼はすでに諏訪家の当主になっており今更という訳にも行かず、勝頼の息子・信勝が武田家の次期跡継ぎになります。 信勝の母は織田信長の養女であり、織田家との関係を良くするために選ばれました 実際のところ、信勝は幼いから勝頼の異母弟・盛信でも良かったのでは?と思います。血筋にも盛信の方が圧倒的に恵まれており、松姫という妹は織田家の当主と婚約までしていましたし…

4 / 6