出典 :武田義信公
3

二世武将② 『父親との不仲が災いし武田家滅亡の道を築いてしまった男・武田義信』 武田義信は武田信玄と正室の嫡男として生まれました。 自身の正室は今川義元の娘です。 この義信は父と不仲でなければそれ相応な主君になれたと思います。 まぁ、武田家は代々父子の争いがあった事もあり信玄自身も父信虎を追放していただけに義信の行動は怖かったと思いますね この義信は川中島での戦いにて武勲を挙げる程の逸材でした。 しかし、妻との離縁など内政での父との激突に最終的には自害してしまいました。

3 / 6